スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアミラー 



この前に作製したボンネットステイを付けてみた。


ちょっと角度が低すぎ...
20070421194601.jpg



付けてみたら角度曲げすぎ見たいだったので、少し戻してから再装着。
再々度の曲げ状態がちょうど良い感じなのでとりあえずはOKとした。
後は使用してみて強度を確認しよう。



それとMyジュリアの助手席側のドアミラーが落ちそうなぐらいグラグラなんです。
先々週あたりから緩み始めて今ではホント落ちそうなぐらい。

外側から締めてみたがダメ。
内側と共締めになっているんであろうことは簡単に推測できる。 が、
当然ドアの内装を外さないと内側のネジまで到達できない。
ジュリア初心者の私が簡単にドアの内張りなんか外せるんだろうか?
他の各機構との関わりが知らないので心配になったりなんかする。

とりあえずはやってみるしかない。 やらないといつか落ちちゃうよ~。

ドアの取っ手を外す...  ドア開閉ノブを外す... (異形状だから心配だった)
ウィンドウと三角窓の開閉レギュレーターを外す...  内張りの止めビスを外す...
おぉ、なんとかいけそう。


外した各部品
20070421194617.jpg



出て来た内側...  初めて見る。
20070421194635.jpg





ついに発見! ドアミラーのネジの裏側...
だけど、内側はナットで締められてるわけでもなかった。

ミラーを外してネジを見てみるとネジピッチが大きそう...
どうやらインチネジだろう...  それにナットは無くドアにはめ込んでいるだけのよう...
確認のためナットをはめてみるが、やっぱり全然合わない。


仕方ないので国産のネジとナットで共締めにして固定してみた。
オリジナル派にはイタリア~ンなもの使えやって感じかもしれないが
全然こだわりのない私は固定さえすればOK。
落ちることが心配で走れないよりは全然OK。

キュッキュッと締めてあっけなく終了。
終わってみるとあっけない。 また元に戻すのかぁ~と思いつつ楽しんでたりして。

ドアの内側が思ったよりサビもなくホッとした気持ちが大きいが
ベタベタに塗りたくっている塗装に不安も感じつつ...
内側のホコリもたいして溜まってなく簡単に掃いて再装着。

1時間ちょっとで終わってしまいました。
最初にしては良かったのかなと思う。
が、実際は一部のナットを外すための工具が合わず、工具を加工するのに
一番時間が掛かったのかも知れない...

一応、会社で作業してよかった...
工具やら旋盤やボール盤がたくさんあるので不意の対処には万全やね。

とりあえずはミラーのガタツキもなくなったし安心してドアの開閉が出来ます。


明日は車検入院だけど、
その前に発注済みのボンネットリリースワイヤーを取りに行かなくちゃ。


では。







スポンサーサイト

コメント

≫105歳じいさま

わざわざありがとうございます。
あせらず少しづつ覚えていこうと思ってます。
なんせ解らんづくしの初心者ですので。
近いうちに取りに寄せてもらいますので宜しく。

メンテナンス

ブログをされていたんですね、リンクさせて頂きます。
ジュリアはご自分で出来るだけメンテされると愛着が沸いてくるものですね。
お仕事の帰りにでもワイヤー取りに来てください。

  • [2007/04/22 12:48]
  • URL |
  • 105歳じいさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/104-2e57a363

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。