スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報 



朝早い電話は“悪い知らせ”って言う嫁の格言どおり
今朝6時過ぎになった電話はおばあちゃんが亡くなった連絡だった。

九州...  それも島に住んでいるおばあちゃんはもう25年も会っていなかった。
15歳の時に小学生の弟をつれて大阪から二人旅で会いに行ったのが最後...

もう長いこと入院していたけど、特に体が悪いとは聞いていなかった。
痴呆症で自分のことがあまり出来ないので入院していると聞いていた。
おふくろから孫の中では私のことは覚えているらしく聞いて嬉しく思っていた。

思い出す田舎は土間の会った台所に掘り炬燵...  それに五右衛門風呂。
巻き割り当番に任命されたこと
田んぼに田植えに行ったこと
近所で唯一のお店でお菓子を買ってくれたこと

忘れてないよ...  今も記憶に残ってる。

考えたら、その当時でさえ70歳近くだったんだ...
そんなに動けまわれるはずもなく...  でも元気だった。


九州まで行けなくてゴメン...  だけど今でも好きだから。

私の記憶の中では30年ぐらい前のままだから。


また、機会を見つけて行きたいと思う。


では。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/105-62aeda9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。