スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒョウモンガメ 



今日、懐かしい写真が届いた。


ヒョウモンガメ...   中国駐在時に飼っていたリクガメ君です。

1年以上見てないけど私が初めて飼ったリクガメです。


大きくなった感じ...
20070525211015.jpg



懐かしいので飼育記録を開いてみた。


飼育開始:2004年10月17日 
 甲長: 75㎜ 体重:120g

最後の記録が2005年の12月末...
 甲長:135㎜ 体重:450g


そして、最後に見たのが2006年6月



忘れもしない飼育第一日目です。
20070525214636.jpg

温浴させてあげたり...  (リクガメは排泄のため定期的に必要)
20070525214659.jpg

エサも自分で栽培したり...  (実際は買う方がほとんどだったけど)
20070525214800.jpg

飼育頭数も増えたり...  (この後にもパンケーキリクガメも増えるんだけど)
20070525214736.jpg




蘇州に引っ越すときに人に譲ってあげたんだけど
最初のヒョウモン以外はもう死んじゃったとの連絡は受けている。

でも、最初に飼いはじめたこのヒョウモンリクガメは思い入れがあるので
なんとか成長して欲しいと思っている。


自然界では甲長70㎝にもなる大型種...  室内の飼育下でも40㎝位にはなる。
カメは甲長で表示するのが一般的だけど、甲長がさほど大きくならなくても
甲羅の高さを含めると数センチの違いがぜんぜん違う位に大きく感じる。


また、会える日がくると良いけど
大きくならなくともなんとか長生きして欲しいと願う。


カメは万年...  とはよく言ったもので飼育下でも長生きできるペット。
通常種(野生)で5~80年で飼育下でも2~40年とのこと。
まだまだ始まったばかりやから...


気になるのはただ一点。
日本に比べれば安い維持費だけど中国人の収入では高級すぎるペットです。
って、中国で犬は最近(2年位前から)ブームですけどリクガメ飼う人は
まだまだ少ないし器具にかける金額は一般的ではないように思う。

譲る時にホントに飼っていけるだけの心構えがあるのか確認したが
やっぱり必要なのは維持していくだけの費用...

でも、こうやって写真送ってきてくれるってことは情熱だけはあるってことと感じる。
最後の一匹だし、なんとかがんばって欲しい。

いつか分からないが、また会えることを夢見つつ...


では。


スポンサーサイト

コメント

漢和辞典無料

はじめまして。
四十と三十の間と申します。

ブログの勉強をするために、いろいろなブログを訪問させてもらっています。
これからどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/135-c0525aaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。