スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶世の美女 



先日のCLASSIC CAR FESTIVALで遭遇した美女...


昼過ぎて帰路につこうと走り出したときに対向車線に見える低い車高軍団。

あぁ、フェラーリか...    まぁ良いっか、っと走り続けてると...

すれ違うクルマ達...   一台...   二台...   三...   んっ?

更に低く構えて妖艶に走り抜けるクルマが...



ランボルギーニ...
20080407-01 ReSize




その長い睫毛に覆われた綺麗な瞳を見ると男なら必ず心奪われてしまう...


ミウラだ!


心躍った...   追いかけて引き返すしかない。


男ってバカなとこがある...


全ての女が自分に微笑んでくれてると勘違いしてしまうことだ。


すれ違いざまに目が会った気がした...


それはオーナーへだけの微笑みなんだろうけど。
20080407-02 ReSize

妖艶なスタイルだ...
20080407-03 ReSize

PLフィルター装着してることも忘れて撮ってしまってた...   映りこみ消し忘れてる...
20080407-04 ReSize




MIURA P400S...   その数140台...   貴重です。

総生産台数756台(P400/P400S/P400SV)のなかで一番生産台数が少ないモデル。

ちなみに“S”はSPINTの頭文字...    “並はずれた”との意味らしい。

後継モデルのSV。 “V”は当然の如く“Veloce”


ランボルギーニのなかではダントツに好きなモデルである。

飾ってあるのは見ることある(堀江にもあるよ~)が走っているのは初めて見たかも。

これ一台見れただけで大満足の一日でした。

駐車後まもなく人だかりになってしまいましたが、

ほとんどが私と同じスーパーカー世代の親父達であったのは言うまでもない...



ではでは。

スポンサーサイト

コメント

≫ピョン吉さま

こんな美しいラインのクルマは他にはないですね。
いつもはジュリアのラインが綺麗だどうのって
言ってるけどミウラの前では言えませんね。

ミウラ最高!

このお尻のラインと上目使いエンジン
の音がたまりません。思わず見とれて
しまいます。

≫heyさま

ランボは何故か男臭さを感じるメーカーで大好きです。
その中でもミウラはやはり別格だと思いますね。
多分すごく煩かったり熱かったりするんでしょうけど
それを忘れさせるだけのデザインがあります。
まぁ、見た目重視の私の意見ですが...
エスパーダの内装ですか...   見たことありません。
V12でフル4シーター...   これも凄いが
それを日常車として愛でたフェルッチオ・ランボルギーニも凄い...

≫igaさま

グラマラスなフロントからのラインに比べるとリアの小ささが際立ってますよね。
E/Gが収まってるなんて想像つかない位の見事なラインだと思います。
でも、昔から言われるように音と熱は大変なんかなぁ~っても思います。
まぁ、私には検証する術(機会)もないですが...

≫羊飼いさま

見た瞬間から美しいの一言でした。
やはり“絶世”に相応しい華麗な容姿。
言葉をなくすのも無理はありません。
って、言うよりホント言葉が出ませんでした。

僕も

僕もランボルギーニならミウラが好きです。
特に斜め後ろからの姿がたまらなくいいと思います。
走っているところは、まず見かけることはありません。
貴重な体験をしましたね。
僕はランボルギーニ・エスパーダも好きです。
特にあの内装の素晴らしさは筆舌に尽くしがたいものがあります。


リヤサイドが特に。

かっこいい・・・・。

美しいですね

もう、何も言葉がでませんね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/329-370316ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。