スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国慶節旅行③ 



第3日目(九寨溝)


昨日と同じく5:30起床の6:30出発です。
1時間半(8:00には)で九寨溝に着く予定です。

ですがバスの前方に陣取るオバチャン数人が来ません。
結局、7時過ぎの出発で九寨溝に着いたのは9時でした。


私は遅れたオバチャンもそうだが、九寨溝口に泊まってれば
もっと早くから見れたんちゃうんって、ガイドにも内心怒ってました。
7時から開いてるのに何故「黄龍」泊まりやねん。
移動の時間がもったいない。


まぁ、そう言っても楽しまなきゃ損やし気を取り直すことに。
さすがに国慶節(大型連休)... 人が多い。
220元の入場料と区域内バス代(乗り放題で)90元... どんだけ儲けんねん。
国慶節期間中は入場制限24,000人... 1億1千万... えん。 えぇ!
まぁ、冬場等の閑散時期があるにしたって... (まぁ、管理費用が必要だと信じつつ)

20061008165735.jpg



ゲートをくぐって中に入るとすぐにバス停になっていて
ここから乗車すれば主要各所に停車してくれる。
天然ガス使用の車のみ通行許可があるらしいけど怪しい車がチラホラと...

区域内のバスは乗り放題で何処で乗ろうが何処で降りようが自由とのこと。
とりあえずはツアーガイド指定の箭竹海まで乗りました。

20061008165759.jpg



後は自由行動で夕方5:30にバスにて集合とのことで散策はじめました。
登ってくる時からチラホラと見えていましたが、やはり綺麗なとこがいっぱい。
散策といっても登ってくるまでバスで20分近く... すべて歩いて見るわけにはいかず
効率よく見ないと一日だけの時間では見切れないよな。

まずはバスが停車した箭竹海。(もうひとつ奥にもあるがパスされた)
まだ雨が降る直前だったけど、くもりがちな天気のなかでも鏡面の湖が綺麗。
天気であれば下の方の鏡海とともに綺麗なんだろうな。

20061008165826.jpg

20061008165847.jpg



バスに乗り熊猫海を通過して五花海へ。
ここは後で行く五彩池と並んで九寨溝で一、二を争うの観光名所。

深い青色かと思えば

20061008170114.jpg



近ずくと透きとおるような水色...

20061008170133.jpg

20061008170151.jpg



写真では表現できてないよな。
20061008170216.jpg




その後は歩いて珍珠灘から珍珠灘瀑布(滝)へ。

20061008170423.jpg



流れ落ちる水量に圧倒されながら、上からも下からも見れます。
雨が降り出しているんだけど滝の飛沫かようわからん状態。

20061008170454.jpg

20061008170512.jpg




昼食は区域中央にレストハウスがあり値段別にバイキングがある。
昼時に着いたのですごい人でなかなかありつけなかったが
なんとか昼食を済ませて昼からの観光へ。


まずはさっきとは別の路線の最終地点“長海”へ。
九寨溝最大の湖で、これ以上奥には行けない。
この付近で海抜3,000m、遠くに見える山には雪模様。
入口付近が2,000mだから10数キロで1,000mも登ることになる。


20061008170648.jpg

20061008170714.jpg




この頃から雨も降ったりやんだりの繰り返しだが、降る時はドシャブリ。

長海のすぐ下にあるのが五彩池
ここが観光客一番多かった。
年々水量が減ってるらしいけど、まだまだ綺麗さを保ってるで。

20061008170836.jpg

20061008170857.jpg



この路線はこの2つ位しか主要箇所がない(あるにはあるが一般的でない)ので
またバスで中央レストハウスまで移動。
ここからはまた徒歩で諾日朗瀑布(滝)へと。

20061008171017.jpg

20061008171048.jpg




時間がなくなってきたのでこまめにバスを乗り継いで...

老虎海から続く樹正瀑布(滝)へと。

20061008171202.jpg

20061008171225.jpg

20061008171325.jpg



水が綺麗ので、こんなんでも絵になる気がして...
20061008171349.jpg




おまけ...
以前に聞いてて存在は知っていたバス型トイレだが...
この横で観光用バス降りたのにトイレは民族博物館の方へ行ってしまった。

20061008171535.jpg



ここで時間がなく下山しました。
九寨溝近くのホテルにて宿泊しましたが、明日は黄龍観光...
まだ、納得のいかない私でした。(宿泊順序が反対やろ)

晩は民族料理(別料金)があるというので、またまた参加しましたが
ぼったくり... ちがうんかい。
出てきた料理は普通の食事の時の前菜より少ないし、カラオケ大会してるような演出やし...
まぁ、仕方ない... これが文化かもしれない。
その文化に触れられる機会があっただけ良かったと思わなきゃ... (無理やり)
偏頭痛... 高山病じゃなくてイライラから来てるのか?


またまた明日も5:30起床。


つづく...


スポンサーサイト

コメント

≫yokoさま

そう、びっくりするぐらい透明感のある水です。
本で見るのとは全然ちがった...
人の多さにもビックリ... そして日本人の多さにもビックリ。
バスの写真... 確かに絞って意識的に撮ったんだけど
そんなことしなくてもこっちのバスは路線バスであろうがジェットコースターなみですよ。
一度試されては?

水の透明度が凄いです><
人の数も凄いです><(笑

本当に綺麗なとこなんですね~~~w
ウットリw

あ、バスの中の写真!!!いい感じですねw外の風景が流れてて、物凄いスピードで走ってる風に見えました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/41-7300209c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。