スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編:天津の休日 [運転免許] 

“運転免許”書換えではなく教習に通いました。
最初はただ免許(カード)が欲しいって漠然としてたから書換えでも良いと思ってた。
まぁ、知り合いがいたから最悪の場合は通訳してくれるかなぁって軽い感じで申し込んだ。
仕事でのストレスが激しい時期だったので教習に行くことで発散になったので良かったと思ってる。
毎週の土日が楽しかった。(気晴らしのカート気分?)

日本と違って筆記(法規)試験が最初にあって、合格者は実教習へ。
筆記試験...中国語が幼稚園レベルにも満たない私で大丈夫なのか心配だった。
不安とともに会場に入ったが、待っていたのは秘密の紙切れ... こ○え... 良いのか?

無事?合格した私は教習所での運転を楽しみながら中国語の勉強?
日本は教習所に通う(申し込む)イメージだけど、中国では教習所に登録されている
教官に申し込むって感じかな? だからずぅーっと同じ教官。
各試験のときだけ教習所の試験官が乗車して採点する。
失敗しても最後は担当教官が運転(試験)?... もしくは、お○ね... 良いのか?

行った所はとてつもなくでかい教習所... 多分コース敷地は400m×2,000m位ある。
私が日本で通った教習所は200m四方位しかなかったと思う。
それでもたまに教習所内での事故を目撃した。そして公道と同じく警察が出動する。
何故か?それは教習車は個人の物なんで、弁償してもらわなければ...

20060718114841.jpg
写真:教習所のコースです。建物があれば街と一緒...広い。事故を避けて...

技術は教えるけど道徳や法規を教えない... 今思うと先に筆記試験っておかしいやろ。
何も勉強してない時点で... 法規試験合格してる訳だから教習所では教えない... たぶん。
交差点で左右の安全確認しただけで“安全意識がすごい”と感心された。
あたり前のことやねんけど... 見ないで突っ込む方が恐いやろと思う。
こっちの人はまず見ないで突っ込む... 免許取得後のことは街を見ればわかる...

通ってた教習所での当時の試験教官の話によると日本人は初めてって言ってたけど
まぁ、天津だけでも何ヶ所かあるし、今では私みたいなもの好き会社員もいるのでは?

番外編でした。ほんじゃぁ、また。

スポンサーサイト

コメント

Re:すごい!!

あきら@上方山さん。
早速の御訪問&コメントありがとうございます。

そうなんですよね、広すぎます。
でもすごいのは広さや事故じゃなくて
ホントは教習/免許取得システムかも?
まだまだ自転車天国の天津では交差点入乱れ状態です。
蘇州に来て感じるのは交通マナーが数段上...
教育の違いかな。

すごい!!

写真、すごいです!!
何がすごい!?って教習所に見えない!!
教習所の中で事故が起きてるってのもすごいです!!
街中でこの写真だったら、さほど驚きませんが(笑)

今も教習所に通って取得した人は少ないと思います!!
かなり誇れることだと!!

  • [2006/07/20 22:05]
  • URL |
  • あきら@上方山
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/5-18a0bfbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。