スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天津の街② 



吉利花園を後にした私は小宝栗子を買いにブラブラと。
ホントは北京空港行きのバスチケット買いに行く予定なんだけど
裏にある小宝栗子を買わないのでは天津に来た意味がない。


天津では説明が要らないほど超有名店... 市内に何店舗かあります。
20061025093433.jpg


20061025093453.jpg


20061025093519.jpg



土産用に箱もあるんだが一人で食べるにはこの紙袋のサイズで充分。
袋が新しくなってるような気がするんだが...


20061025094538.jpg



爪をたてればパカパカ割れるんで気持ち良いし、そしてとても甘い。
栗はやっぱり天津(それも小宝栗子)が一番やね。


甘栗をほおばりながらNEW伊勢丹へ向かいます。
スーツ姿で甘栗片手に歩いてる姿は異様かも...


つづく...


追記... (追記を読むって思ってね)



爪のやわらかい人への対処。


やはり、人気店の対応は違います。
ちゃんと一袋にひとつ“栗のつめ”が付いてます。
それも日本語対応。(名前のみ)

20061026000626.jpg


そして使用方法の図解入り... (いたせりつくせりです...)


20061026000647.jpg




ひとつ、気をつけなければいけないのが“小宝栗子専用”って
明記されてますので他の栗剥きでの使用は絶対してはいけません。



では。

スポンサーサイト

コメント

親切ですね~www
やっぱり本場は違いますね!

≫yokoさま

天津甘栗、美味しいですよ。
天津飯... 日本で見かける天津飯はありません。
日本独自のものです。
こちらで言う、まかない食があえて言うなら天津飯らしいです。
栗の皮に負ける爪... 対処(小宝栗子法)を追記しておきます。

天津甘栗って、やはり天津なんですね・・・天津飯も天津ですか?
栗、好きですwww
栗の皮に負けるくらい、爪が柔らかいので、皮剥くの、結構大変なんですが^^;
でも、剥いてあるのは、なんだか水っぽい感じでイマイチやし・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/51-1c025433

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。