スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノクロ 



以前はモノクロ大好きだった。

映画も写真も... いや、今でも結構好きだと思います。




この前の住吉も、こんな感じにすると古き良き時代って感じですが...
20100803-02.jpg






写真や映像に対しては、いつの頃から考えが変わったのか

その時代時代で生きている人たちはモノクロの世界で生きてるんじゃないし

その人たちは総天然色(これもまた言い方が古い!)のなかで生きてるし生活があるはず

モノクロは勝手な現代人のイメージしかないんとちゃうのかな... って。


まぁ、それは写真や映像がモノクロから始まったことにによる

後世人のイメージでしかないんでしょうが

古い作品を見るのには仕方ないとして、

自分で撮るには懐古的なモノクロで良いんだろうか... って。


だから、封印してきた感のあるモノクロですが

先のフィルム撮影であったり、後からの加工で嘘ものですが

簡単にモノクロ映像に変えれるデジタル映像なんかで見てみると... 


やっぱ好きなのを実感します。


自分が感じるものであればカラーであれモノクロであれ

良いかと思えるようになってきたのかもしれませんね。

何十年とかかって、こんな境地になったのかもしれません。


ちなみに


原画です。 そして、そこで生活してる人たちがいる現在を感じます。
20100803-01.jpg




まだまだ、カラーのほうが気持ち的にはシックリとします。

どちらにしろ、その時の感性で写真を楽しみたいと思います。



では。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/671-4ab134b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。