スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎山長城 



万里長城の東の端という位置付けらしいんですが...
20110715-16.jpg





数年前に総延長距離が、6,000kmから9,000km弱まで変更発表になってましたね。

それがこの虎山長城の発見と言うことからなんでしょうが...

この小高い山の遺構が長城の一部と言うことで一気に延長になったわけで。


私は信じません。 と言うか、遺構はあったのかもしれませんが

それが長城の一部だったかは疑問があります。(いや、有無それすら...)

だって、まず何かを守る位置づけの作り方ではありません。

山裾の先端ですし、山(丘?)の周り三方は平地で長城らしきものはないんですよ。

その山だけに遺構があるのも不思議ですし、そもそもこんな小高い山に

作る目的は見張り台ぐらいしか機能してないと思われます。

たぶんそこに上がるための道でしょう... ね。

まぁ、でも古いものであることには変わりないのかもしれません。


それと、中国人の観念なんでしょうが、古いものをそのまま残すことをしない

真新しい虎山長城には何か胡散臭さを感じるのは私だけでしょうか。






では。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/775-576a7e8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。