スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

China Tour 2012 



今回はテーマ何にしようかなぁーと考えつつも

大きなテーマとしてシルクロード巡りがあるのでなかなか浮かばず...



そして、出発当日に浮かんだのが... “出来るだけタクシーは使わない”でした。

テーマじゃないやんと思いつつも、最終的にはコレが良かったんですけどね。


振り返ってみると、この旅行では1回もタクシーを使わず。

都市間の移動には、寝台列車に高速鉄道、そして最終日は飛行機ですが

市内の移動及び観光にはすべてバス... 路線バスのフル活用、そして歩きでした。


タクシーは目的地に一気に行けるし便利この上ないのですが

寄り道と言う楽しさ、ちゃんと行けるかどうかと言うドキドキ感がない。

そして、いつ来るかどうかも分からないと言う要素が緊張感を高めます。(笑


地理が分からないと乗りづらい中国の路線バス(運行表)ですが

逆に地理的なイメージを覚えやすく街を知るのには良かったですね。



北京 環行鉄道
20120517-01.jpg


洛陽 洛陽駅
20120517-02.jpg


洛陽 龍門石窟
20120517-03.jpg


洛陽 高速鉄道 洛陽龍門駅  明日のチケット買いに
20120517-04.jpg


洛陽 八一路口  ホテル前です。
20120517-05.jpg


洛陽 青年宮  旧市街地です。
20120517-06.jpg


洛陽 老集
20120517-07.jpg


西安 鐘楼  西安でのホテル前
20120517-09.jpg


西安 西安駅
20120517-10.jpg


西安 兵馬俑...  バスですが。
20120517-11.jpg


西安 シルクロード群像
20120517-13.jpg


西安 五路口
20120517-12.jpg



その他にも急いで飛び乗ったり、バス停以外で下りたり...

距離的に長い兵馬俑行きは観光バス的で路線バスのような看板が無かったり

あっ、そういえば帰りの空港バスも撮り忘れてたなぁ...

と、まだまだ沢山のバス停に降りましたが... このぐらいで。



では。

スポンサーサイト

コメント

≫ホット さま

人の多い路線でも昔ほど押し合いは無いような気がします。
世代がだんだん交代しつつあるのでしょうね。
でも、1.5元のバスで5角(釣銭/6円)欲しさに
前後に話しかけるあたりは現地化してるかも知れません。(笑

私も同じように人間観察は楽しみですよ。

路線バス、人民観察しながらの移動が楽しそう。
漢字文化ってところが日本人にはほんとありがたいですね。

昔は押し合いへし合いで必死で乗り、必死で降りましたが、今でもですか?(笑)

≫あにい さま

バスはバスの良さを知れば楽しいですよ。
日本と違って時間が決まってないだけで...

その代わりにタクシーと違って間違わないように
乗ってからも今の場所(バス停)を頻繁に確認するので
街を理解しやすいです... (笑

バスは面白いですよね
西安でタクシー全く拾えなくて
仕方なく路線バスに乗ったのが
始めてだったかも。
兵馬俑行きのバスは僕も30分くらい路線バス乗場で探しましたよ(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/876-dc232b67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。