スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日 



この旅行最終日は最大の移動区間。

午前中には西安から北京へ... そして、午後には北京から関空へと。


午後のANA便が14:20ですから、西安→北京は10:00→11:50で充分だと思ってたのですが

やはり、国内便ってこともあり不測の事態を備えて一便早くしてみました。

早く着けば市内で最後のローカル食事でも程度と思ってました。


一便早いのが、8:30発... このため空港バス(ホテル前ですが)は

5:45発の第一便に乗らなくてはなりません。

このバス... 2日前から予約を入れようとカウンターまで幾度となく訪れるのですが

ことごとく断れ続けるのです... 詳しくはアウェイ記事で。(笑


で、チェックアウトを済ませ飛び乗ったのがラスト3席目...

バス前でもたついてる客を後目に飛び乗って正解です。



1時間弱(7時前)には西安空港に到着...
20120612-01.jpg



が、ここで問題発生。

チェックイン時にまくし立てるように言われて何か判らずまま航空会社のカウンターに。

まぁ、いつもの如く誰もいないし時間もないし... と、再度チェックインカウンターへ。


同じように何か一生懸命言おうしているが私の頭では理解(解読)不能...

最後は英語で... 遅れてると。

まぁ、それぐらいは見越しての早めの便だったので

発券してもらって空港内へ...



でも、搭乗口前で確認すると、

遅れてるとともに「公司時間」(会社の決める時間)との表示で

何を聞こうが判らないの一点張りで、遅れてると言うよりは

便があるのかどうかも微妙な言い方で不安倍増... です。



チェックインから2時間待ってようやく時間が決まったのが、9:15発。
20120612-02.jpg


この時点で概に最初の出発時間を過ぎてるのですが

時間が決まっただけでも、いやっ、この時間なら日本に帰れる... と

胸を撫で下ろしたのは言うまでもありません。

結局は搭乗口が変わったりと、この時間より更に遅れての出発でしたが...



予定してた北京でのローカル食事とはいきませんでしたが

帰れるだけマシと北京空港で昼食を取りながら...


スマートな機体と思ったら政府専用機に遭遇。ちゃんと2機飛んでるのですね。
20120612-03.jpg

そして、帰りは“FLYパンダ”の中国仕様機でした。
20120612-04.jpg




最終日までハラハラな事態が起こりますが

終わってしまえば楽しい記憶...


来年とは言わず、第二弾は今秋にでも行きたい気分ありありな昨今です。


また次回も楽しめるよう期待しながら策を練ろうと思います。(笑



では。

スポンサーサイト

コメント

≫あにい

私も駐在時に何度も痛い目に会ってます...
ので、早い便にして... 正解だったのか悪かったのか。(笑
微妙なとこですが、帰れたので良かったです。

でも、次の便に... て、酷いですよね。
オーバーブッキングは中国国内線ではよくあること。(今は?ですが
その時の対応は日本と違いますね。
一度、オーバーでビジネスに変更してくれたことあります。
 

中国の国内線はハラハラさせられますね!
僕も一度くらいましたよ。
時間通りチェックインしたのに、席が無いから次の便に乗れってね!
おかげで北京の乗り継ぎでめちゃくちゃ走らされましたよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://801s.blog59.fc2.com/tb.php/887-6ad09642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。